[臨床工学技士]7月21日は参議院議員選挙。みんな、投票しよう!

ジャック
おはようございます。ジャック(@jack_toarume)です。

今回は「参議院議員選挙、参議院議員選挙と臨床工学技士の関係」についてお話しします。

「選挙に行っても何も変わらない。意味がない。」とか「選挙と臨床工学技士に何の関係があるの?」そんな疑問に答えるため、記事にしてみました。

確かに何も変わらないかもしれないけれど、それと何もしないことは同じではない、と僕は思います。
この記事を読んで、選挙や、選挙と臨床工学技士の関係について少しでも興味をもっていただけると、めっちゃ嬉しいです。

こちらも併せてチェック!

[臨床工学技士]日本臨床工学技士連盟を知っていますか?

2019年6月22日
注意
僕は国会や選挙について、まったくの素人です。
小学校で習った程度(もしくは、それ以下)の知識しかありません。
この記事を参考に、足りない点・疑問な点を読者自身で補完して頂けると幸いです。

 

参議院議員選挙とは

2019年7月21日(日)に参議員議員選挙が行われます。
期日前投票期間は、2019年7月5日(金)から7月20日(日)までとなっております。

有権者の方は、是非、投票に行きましょう。


ジャック
偉そうなこと言ってますが、僕もちゃんと選挙に行かないとね…汗

 

衆議院と参議院の違い、覚えてる?

日本の国会には衆議院と参議院があります。
2つの議院から成り立つ仕組みを、二院制(両院制)と言います。

衆議院と参議院は、議員数・任期・解散の有無・選挙の方法などの違いがあります。

 

衆議院と参議院の違い

衆議院 参議院
議員数 465人 242人
任期 4年 6年
解散

 

  • 衆議院は任期が短く、解散があります。
  • 参議院は3年ごとに半数の121人選挙で選ばれます。

 

ジャック
つまり今回の参議院議員選挙は、前回の選挙から3年経ったから、半数の121人を選ぼうってことだね。

 

衆議院の特色、参議院の特色

衆議院と参議院の違いについてお話しましたが、この違いが衆議院と参議院の特色に繋がります。

 

衆議院の特色

  • 任期が短く、総選挙によって議員が一斉に変わるので、その時々の国民の意志を反映しやすい
  • 「衆議院の優越」の権限が与えられている

※法律案の場合、衆議院と参議院が異なる議決をしたときに、衆議院で出席議員の3分の2以上の賛成で再可決した場合は法律となる。
このように、衆議院は参議院よりも強い権限が与えられている。=「衆議院の優越」

 

参議院の特色

  • 任期が長く、解散もないため、長期的な視野で議論することができる
  • 「良識の府」としての役割

※衆議院を通過した法案を、もう一度参議院で審議することで、衆議院の行き過ぎを防ぐ。=「良識の府」

 

ジャック
任期の違いや解散の有無によって、衆議院と参議院の役割が違ってくるんだね

 

投票方法

有権者に対して、入場券や案内などの通知が配られます。
この入場券や案内を持って、投票所に行きましょう。
(入場券や案内を紛失してしまったり・持参し忘れても投票できます。)

具体的な投票方法は、イラストをご覧ください。

イラストをクリックすることで、大きい画像が表示されます。

自民党 参院選2019の投票方法より引用

 

参議員議員選挙と臨床工学技士の関係

選挙と臨床工学技士。
関係のないように見えて、実は大いに関係しています。

臨床工学技士連盟という政治活動を行う組織があります。
この組織は、政治活動を通して『より良い医療の提供』と『未来の臨床工学技士の活躍を守る』ため活動しています。

 

Twitterのアカウントはコチラ↓

臨床工学技士連盟については、下の記事にまとめてあります。

[臨床工学技士]日本臨床工学技士連盟を知っていますか?

2019年6月22日

 

連盟の推しは、参議院議員「木村義雄」候補

国に臨床工学技士の活動・重要性を届けるには、臨床工学技士について詳しい人物に国会議員になってもらう必要があります。

国会議員になるには、選挙に出て、当選する必要があります。


このツイートにもあるように、臨床工学技士連盟は、参議院議員「木村義雄」候補を推しています。


木村義雄候補のTwitterアカウントもあります。

木村義雄候補は、第29回日本臨床工学技士会にも参加されていました。

 

ジャック
実は知らないだけで、臨床工学技士と選挙って、深く関わっているんです。

 

僕と選挙。あなたと選挙。

「選挙に行っても何も変わらない。意味がない。」
「年配の方の投票数が多いから、若い人達の言葉は反映されない。」

そういう言葉を耳にします。
それは事実なのかもしれないし、不実なのかもしれません。
残念ながら、それを判断できるほど、僕は政治や選挙に詳しくありません。

 


「消費税が上がる! ますます生活苦しくなるの?」
「私達の年金どうなるの!? 2000万円も貯めなきゃいけないの?」

塩谷舞さんのツイートにあるように…
与えられた権利を使わない人に、文句を言う権利はないのかもしれません。

 

ジャック
塩谷さんの言うように、“空気(感)”や“Youtuber”の存在が投票率を上げるのかもしれませんね

 

さいごに

今回は「7月21日は参議院議員選挙。みんな、投票しよう!」をテーマに、参議院議員選挙、選挙と臨床工学技士の関係について書かせていただきました。

僕自身、こんなに選挙について考えたのは今回が初めてです。
自分なりに精一杯考えて、ちゃんと投票に行きたいと思います。

ジャック
今回も最後もで読んでいただき、ありがとうございました!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ジャック

とある病院ではたらく、とある臨床工学技士。 「臨床工学技士の認知度向上」と 「むずかしい医療機器を、分かり易く&簡単に」を このブログを通して1人でも多くの人に伝えていきたいと思います。