[臨床工学技士]悩める新人CEに伝えたいこと

1年目CE
働きはじめて半年経ったけど…先輩に怒られてばっかりだし、アラームが何で鳴ってるかも分からないし…..毎日がツラすぎる。この仕事向いていないのかな

 

こういった悩みに答えます。

本記事の内容

  • 社会人1年目を乗り切る方法
  • 出会いを大切にする
  • 仕事に耐えられなかったときの考え方

 

僕は、臨床工学技士として10年以上働いています。
新人教育もしたことがありますし、新人教育を担当している後輩スタッフたちのことも見てきました。
だから、新人さんの気持ちも分かるし、教育指導者の気持ちも分かります。

そこで、今回は「先輩が怖いし、医療機器も分からない….毎日しんどい。」と感じている新人CEへのアドバイスと、教育指導者の気持ちをお伝えします。

[コラム]病院で働く上で大切なこと

2020年6月22日

 

社会人1年目を乗りきる方法

先輩が苦手でも丁寧な言葉遣いと挨拶を心がけよう

指導係の先輩は歳上だし、毎日のように怒るし….話しかけづらくて怖い存在ではありませんか?

 

それでも、心がけ欲しいことは、自分から挨拶することと丁寧な言葉遣いをすることです。
なぜ、これらが必要かというと先輩CEは新人CEたちに対して警戒心を持っているからです。

その理由は

  • 今ある仕事ですでに手一杯。新人指導なんてムリ
  • 新人に教えられるほど、知識も経験も豊富じゃない
  • 新人指導をやりたくない。自信がない。面倒くさい。
  • 人見知りだし、口下手。

など、さまざまです。

 

新人指導を任される先輩CEは、経験年数3〜5年目あたりのスタッフが多いです。
彼らもまだ若く、周りに気を遣えるほど成熟しているわけではありません。
そのことを、新人CEにも知っておいて欲しいです。

そこで大切になってくることが挨拶丁寧な言葉遣いです。
これが相手の警戒心を解くための第一歩になります。
是非、覚えておいてください。

 

頑張っている姿勢をみせる

今、相手から自分がどんな風に見えているかを想像したことがありますか?

  • 背中が曲がって、歩き方がダラダラしているように見える
  • 教わっているときに腕を組んでいたり、頬付けをついている
  • 空き時間にぼーとしていたり、無駄話をしている

 

自分が気付かないだけで、相手からそう見られているかもしれません。
特に新人CEは指導係以外のスタッフや患者さんからも見られがちです。
意識して頑張っている姿勢を見せることで、相手からの印象を良くすることができます。

 

たとえば

  • 寝癖はなおす。白衣や靴は清潔な状態を保つ。
  • 正しい歩き方をする。姿勢を正す。
  • 人の話を聞くときはメモをとる。
  • 同じ失敗は繰り返さないように意識する。
  • 自分で調べても分からなかったところは確認する。

 

指導する立場になった以上、先輩CEも「やる気がない人」よりは「やる気がある人」に教えたいことでしょう。
例で挙げた行動はやって損することはありません。
是非、試してみてください。

 

看護師など他の職種には特に注意する

先輩CEが怖くて苦手でも、同じ臨床工学技士です。
しかし、透析センターで働く看護師、看護助手、事務などは役割も責任も臨床工学技士とは異なります。

だからこそ、他の職種のスタッフと接するときは、一層の注意が必要です。

 

なぜなら「仕事がいい加減で、当てにならない」とレッテルを貼られてしまうことがあるからです。
彼らには新人CEを育てる、見守るといった責任はありません。
例え新人でも、ひとりの臨床工学技士として扱います。
それゆえに評価が厳しくなりがちです。

先に述べた自分から挨拶すること丁寧な言葉遣い頑張っている姿勢をみせることが、ここでも活きてきます。

臨床工学技士はメンテナンス業務を除くと、他のすべての業務は他職種の方と連携することになります。
だからこそ、社会人になりたての新人のうちにこれらの技術を身につけておくことが大切です。

 

出会いは一期一会

出会いを大切にしよう。

  • 同期入職のスタッフと仲良くなろう
  • 院内恋愛も良いけど、バレないようにね

 

順番に深堀りします。

 

同期とは仲良くなろう

社会に出ると「友達」をつくることが難しくなります。

学生時代はクラス替えや、進学するごとに新しい出会いがありました。
でも、仕事では辞めない限り同じ職場にいることになります。
新しい出会い、それも自分と同年代の人と出会う機会は少なくなります。

 

だからこそ、同期入職したスタッフとは是非仲良くなってください。
そして、その関係を大切にして欲しいです。

学ぶとき、困ったとき、悩んだとき、きっと同期という存在は大きな助けになります。働いていると辛くて、辞めたくなるときがあります。
そんなときに、あなたの気持ちを汲んでくれるのは同期という存在かもしれません。

僕には同期がいなかったので1人で悩んで、泣いていました。
同期がいることは、素直に羨ましいです。

 

院内恋愛はバレないようにね

大学病院、地方の総合病院、透析クリニック。
医療機関には多くの女性スタッフが働いています。男性からしたら、これほど女性と関わりがある仕事は他には無いかもしれません。

「かわいい看護師さんと仲良くなりたい」そう考える新人CEもいるかもしれません。
でも、ちょっと待って。
その院内恋愛が自分にとっても、相手にとっても面倒な事態に繋がるケースがあることを知っておいて欲しいです。

 

たとえば

  • あの看護師。1年目のくせに、恋愛にうつつを抜かして仕事に身が入るのかしら
  • あっちの女、こっちの女に声かけて、新人CEさんは何しに職場に来ているのかしら
  • ◯◯で看護師の△△さんとCEの✕✕くんが一緒に歩いていたの

 

とか、いらん噂を立てられること本当にあります。
そして噂はあっという間に広がります。びっくりするような速さで。
新人は恋愛するな! なんて野暮なことは言いません。

ただ気軽な気持ちで病院内の異性と付き合い、別れたときに気まずさややり辛さを感じてしまうかもしれません。
周りから嫌味ともとれるお節介を言われるかもしれません。

 

だからこそ、院内恋愛をする場合は絶対にバレないぐらいに気をつけて行動してください。
面倒に感じるかもしれませんが、それが自分の身はもちろん、パートナーのことも守ることに繋がります。

 

1年目を乗り切れないと思ったら

仕事のことを考えて夜眠れないなら、仕事に行きたくなくて朝起きられないなら仕事を辞めるという選択肢も有ります。

 

人生は一本道じゃない

もし、社会人1年目で「仕事がしんどくて、ツラくて辞めたい」「病院に行く、そう考えると気持ち悪くなる」
そんな風に感じてしまうなら、仕事なんて辞めてもいいです。

「1年目で辞めてしまうなんて、私、なんて根性が無いのだろう」とか、自分を責める必要なんてありません。仕事が合わないのは、自分に原因があるとは限りません。職場に問題があるかもしれません。

 

「1年目で辞めたら、周りの人に“やる気のない奴”とか思われるのかな。嫌だな」とか、周りを気にする必要もありません。仕事を辞めたら、その人達と関わることなんて無いからです。

「1年目で辞めたら、次の病院の採用試験で辞めた理由とか聞かれるのかな。嫌だな」とか、そんな先のことは辞めた後で考えたらいいです。大事なのは今、“自分がつらいこと”に気付いて、その気持ちを尊重してあげることです。

 

人生は一本道ではありません。
たった一度立ち止まったくらいで、あなたの道は途切れたりしません。
立ち止まって周りを見渡したり、空を見上げたりすることだって、きっとあなたの人生にとって大切なことです。

もう一度、言います。
「ツラくて、辞めたい」
そう思ったら、辞めて良いんです。僕はその気持ちを尊重します。

 

[コラム]今がツラいなら「自分軸」で生きてみよう

2020年8月13日

さいごに

今回は「社会人1年目のあなたに伝えたいこと」をテーマに、新人CEに僕が伝えたいことを書かせていただきました。

指導担当者の先輩も人間です。感情で動きます。
だからこそ、その感情をコントロールするように振る舞えば相手の警戒心を解くことができる、と説明させていただきました。

新人CEさんに向けて、2020年9月にリライトさせていただきました。

ジャック
今回も最後もで読んでいただき、ありがとうございました!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ジャック

とある病院ではたらく、とある臨床工学技士。 「臨床工学技士の認知度向上」と 「むずかしい医療機器を、分かり易く&簡単に」を このブログを通して1人でも多くの人に伝えていきたいと思います。