[テンポラリー]体外式ペースメーカーの特徴と機能について

おはようございます。
この記事を書いている、臨床工学技士のジャックです。

体外式ペースメーカーは、短期的にしか使用しない医療機器です。
「使用してるな」と思っていたら、いつの間にか植込み型のペースメーカーを植え込んでいて、体外式ペースメーカーが外れている。
そんな経験をされた看護師さんもいるのではないでしょうか?

今回はそんな体外式ペースメーカーの特徴と機能について、お話しようと思います。

こちらも併せてチェック!

ペースメーカの設定:モード「DDI」について解説

2018年11月28日

 

テンポラリー? 体外式? 呼び方が違うけど、何が違うの?

テンポラリーペースメーカーとか、体外式ペースメーカーとか、ペースメーカーには色んな呼び方があって、ややこしいですよね。

最初に、ペースメーカーの種類と呼び方についてご説明します。

 

ペースメーカーの種類と呼び方
種類 呼び方 補足説明
体外式ペースメーカー 体外式ペースメーカー
テンポラリーペースメーカー
テンポラリー(temporary)
とは“一時的”とか“仮の”という意味
植込み型ペースメーカー 植込み型ペースメーカー
パーマネントペースメーカー
パーマネント(permanent)
とは“永久の”とか“永続する”という意味

※表が見切れている場合、スクロールで全文を確認することができます。

 

ジャック
種類は2つなのに、呼び方が4つもあるから混乱するんですよね…。
“テンポラリー”と“パーマネント”の意味が理解できると、どのペースメーカを指しているのか、自ずと分かると思います。

 

補足
経皮的ペーシングと言われる緊急の徐脈や心停止時に使用するペーシングもあるのですが、ややこしくなるので、ここでは説明を割愛させていただきます。
経皮ペーシングについては、後日記事にします。

 

体外式ペースメーカーの特徴

体外式ペースメーカーなんて短期間しか使わないんだから、最初から植込み型ペースメーカーを入れればいいじゃないか、そう思われる方もいるかもしれません。

実は体外式ペースメーカーには、植込み型ペースメーカーにはないメリットがあるため、無くてはならない医療機器なのです。

 

体外式ペースメーカーの特徴
特徴 説明
緊急症例に適している 体外式ペースメーカーは、植込み型ペースメーカーと比べて手技が簡便なため、
早期に徐脈を改善したい場合に適している。※ペースメーカー本体が体外にあるため、植込み型のように皮下にポケットを作る必要がない
準備物品が少ない 体外式ペースメーカー、ペーシングリード、シース
があればペーシングの実施が可能。※永久的な場合、長期間留置することを踏まえ患者の体格や病態に合わせた機種を選定する必要がある。

 

また、体外式ペースメーカーには弱点もあります。

体外式ペースメーカーの弱点
特徴 説明
感染リスクを伴う 血管内と外界をペーシングカテーテルが交通するため、
血管内に微生物が侵入する恐れがある。
電池寿命が短い 体外式ペースメーカーは、アルカリ乾電池(9V・角型)
で動作しているため、作動には限りがある。(電池交換もできるが、患者自身の脈がないと困難)

 

ジャック
体外式ペースメーカーは、基本的に『VVI』モードで作動します。
『DDD』モードを選択できる体外式ペースメーカーもありますが、そういった機種は少ないと思います。

 

体外式ペースメーカーの機能

体外式ペースメーカーは、基本的に『VVI』モードで作動します。

徐脈をなるべく早く改善するためには、心室をペーシングする必要があります。
心室をペーシングするだけなら『VVI』モードが最も適しているため、この機能を有する体外式ペースメーカーが多いです。

 

補足 モードとは
モードとは、ペースメーカーの動作様式のこと。
『VVI』や『DDD』など3〜5文字のアルファベットからなり、この文字からペースメーカの動作を把握することができます。

 

体外式ペースメーカーのモードについて

体外式ペースメーカーで使用する『VVI』モードについてお話します。

 

VVIモードとは

ペーシングセンシング心室で行うモード。
自己心拍(R波)があるか、ないかを常に監視しています。
R波がないときに、心室をペーシングします。
R波があるときは、心室をペーシングしません。(ペーシングを抑制する)

 

補足 ペーシング? センシング?
ペーシングとは、ペースメーカーが出す電気刺激で心臓を動かすこと。
センシングとは、自己心拍が有るのか無いのかを監視すること。
また、自己心拍があるときに、電気刺激を止めることをインヒビット(抑制)といいます。

 

ジャック
『VVI』モードは、ペースメーカーのモードでも基本となる動作の一つです。
シンプルな動作様式なので、この動きだけはマスターしておくと良いと思います。

 

まとめ

ペースメーカーの種類と呼び方
種類 呼び方 補足説明
体外式ペースメーカー 体外式ペースメーカー
テンポラリーペースメーカー
テンポラリー(temporary)
とは“一時的”とか“仮の”という意味
植込み型ペースメーカー 植込み型ペースメーカー
パーマネントペースメーカー
パーマネント(permanent
とは“永久の”とか“永続する”という意味

 

体外式ペースメーカーの特徴
特徴 説明
緊急症例に適している 体外式ペースメーカーは、植込み型ペースメーカーと比べて手技が簡便なため、
早期に徐脈を改善したい場合に適している。※ペースメーカー本体が体外にあるため、植込み型のように皮下にポケットを作る必要がない
準備物品が少ない 体外式ペースメーカー、ペーシングリード、シース
があればペーシングの実施が可能。※永久的な場合、長期間留置することを踏まえ患者の体格や病態に合わせた機種を選定する必要がある。

 

体外式ペースメーカーの弱点
特徴 説明
感染リスクを伴う 血管内と外界をペーシングカテーテルが交通するため、
血管内に微生物が侵入する恐れがある。
電池寿命が短い 体外式ペースメーカーは、アルカリ乾電池(9V・角型)
で動作しているため、作動には限りがある。(電池交換もできるが、患者自身の脈がないと困難)

 

体外式ペースメーカーのモード
基本的なモード 説明
VVI ペーシングセンシング心室で行うモード。
自己心拍(R波)があるか、ないかを常に監視する。
R波がないときに、心室をペーシング。
R波があるときは、心室をペーシングしない。

 

さいごに

今回は、体外式ペースメーカーの特徴と機能についてお話しさせていただきました。

次回は、体外式ペースメーカーのトラブル(ペーシング不全・センシング不全)について記事にしたいと思います。

 

ジャック
今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ジャック

とある病院ではたらく、とある臨床工学技士。 「臨床工学技士の認知度向上」と 「むずかしい医療機器を、分かり易く&簡単に」を このブログを通して1人でも多くの人に伝えていきたいと思います。